VGrow スマートグローBOXで全自動の未来へ。 詳しく見る

適切なサイズのテント・鉢・ライトの選び方

今日は、室内栽培に向けて適切なサイズのテント・鉢・ライトの選び方について紹介します!植物用LEDライトをテントの中で使用する利点と、その機材の選び方について把握できれば、ガーデナーにとって有益な選択肢が増えると思います。それでは、その選び方を見ていきましょう。

テントを使用する理由

reasons to use a grow tent

コントロールの向上

テントの中で植物用LEDライトを使う最大の理由は、環境をよりコントロールしやすくなることです。テント内であれば、日光、温度、湿度、虫対策など、植物の成長に影響を与える要素を精密に管理することが可能です。これにより、植物は最適な環境で成長することができ、より健康で豊かな成果を得られます。

効率的なエネルギー利用

LEDライトは、従来の照明よりもエネルギー効率が高いです。テント内では、ライトの光が直接植物に当たり、無駄な光の散逸を防ぐことができます。これにより、必要なエネルギーを最小限に抑えながら、最大の効果を得ることができます。

年間を通じた栽培が可能

テント内でLEDライトを使用すれば、季節や天候に左右されずに植物を栽培することができます。これは、特定の季節にしか育たない植物を年間を通して育てたい場合や、一年中新鮮なハーブや野菜を手に入れたいと考えている方にとって、大きな利点となります。

多様な植物の栽培が可能

テント内でのLEDライト使用により、自分の住んでいる地域の気候に適していない植物も育てることができます。これにより、エキゾチックな植物や特別な品種を楽しむことが可能となります。

テントの選び方

70 x 70 cm テント

![70 x 70 tent](https://cdn.shopify.com/s/files/1/0607/6602/8001/files/Screen_S

hot_2023-07-12_at_12.59.53_480x480.png?v=1689135386)

70 x 70 cm テントは、グローテントでは一番小さいサイズのテントです。

  • 直径25cmの鉢:2つ
  • 直径38cm〜55cmの鉢:1つ

大きい鉢を一つ置く方が、成長をより加速化することができます。

120 x 70 cm テント

120 x 70 tent

長方形テントです。空間の活用に一番おすすめです。

  • 直径30cmの鉢:5つ
  • 直径40cmの鉢:3つ
  • 直径55cmの鉢:2つ

90 x 90 cm テント

90 x 90 tent

  • 直径43cmの鉢:4つ
  • 直径50cmの鉢:2つ
  • 直径80-86cmの鉢:1つ

120 x 120 cm テント

120 x 120 tent

  • 直径38cmの鉢は:9つ
  • 直径55cm以上からは:4つ
  • 直径67cm以上:2つ

150 x 150 cm テント

150 x 150 tent

通常販売しているグローライトで一番大きいサイズになります。

  • 直径35cmの鉢:16つ
  • 直径48cm以上から:9つ
  • 直径85cm以上から:2つ

テントサイズ別適切なLEDライトは?

  • 70 x 70 cm : SF 1000 or FAT LIGHT SLIM SX110
  • 90 x 90 cm : SE 3000
  • 120 x 120 cm : SF 4000 or SE 5000 or FAT LIGHT SLIM SX450
  • 150 x 150 cm : SE 7000
  • 120 x 70 cm : SF 2000 or FAT LIGHT SLIM SX220

結論

テントでのLEDライトを用いた栽培は、環境を完全にコントロールできるため、植物の最適な成長をサポートします。皆さんも、テント内でのLEDライト栽培を試してみてはいかがでしょうか?それでは、皆さんのガーデニングライフがより豊かで緑豊かなものになりますように!